« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

ヤマト

どうも、エアブラシが欲しい出口です。こんにちはw
部屋が汚れる事を考えると手が出せません(;;;´Д`)ゝ

ヤマト熱の下がる気配が全くない日々を送ってるんですが
バンダイからヤマトの新作が発売になったので早速作ってみました

Img_7703
Img_7760

Img_7755

Img_7803

Img_7788
相変わらずの素組ですが、それだけで充分の格好良さ
後、キャラモノにしては珍しく塗装もしてみました
ヤマトは青み掛かったグレーと明るめの朱色という印象ですが
トーンを落とした方が巨大感がでるだろうと考え
佐世保海軍工廠標準色と艦底色にしてみました
結構良い感じに仕上がったのでは無いでしょうか?

実際の戦艦大和がやや明るめの呉色、武蔵が佐世保色なので
差し詰めコレは宇宙戦艦ムサシと言うことになりますねw

ちなみに・・・
Img_6834
戦艦大和

ギミックは主砲、副砲が旋回と上下に可動するだけ
まぁ、艦船モデルとはそういったモノですから無問題ですw
Img_7767

手抜き塗装ですが艦載機(;´▽`A``
Img_7865
コスモゼロ

Img_7872
ブラックタイガー

Img_7895
コスモタイガーⅡ

そういや、船体に羽根が付いてなかった(@Д@;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クマー

どうも、年甲斐もなく俺妹にはまってる出口です。こんにちはw
内容はしょうもないのに気になって仕方ありません^^;

で、相変わらずのパチ組ですが
久々のガンダム系





Dsc_0034
ベアッガイ

Dsc_0036
背中にはランドセル、しかもリコーダー付きw

世間にはいろんなガンプラが存在していますが
ここまで突き抜けた奴は見たことありません


別の意味でアッガイに対する溢れんばかりの愛情が感じられますw

Dsc_0032
Dsc_0045
なぜか癒されます(=´Д`=)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画の日

どうも、手相でKY線が無いのを不思議がられる出口です。こんにちはw
大きなお世話です、まったく(笑)

映画の日の今日、見てきました
“SPACE BATTLESHIP ヤマト"
なんやかんや言われてますが自分は充二分に楽しみましたよw

以下、微妙なネタばれを含みつつ感想を





平日の朝1番の上映に行ったんですが
劇場はキムタク目当てのオバサンと、ヤマト目当てらしきオジサンとでほぼ満席

構成は一作目を踏襲しつつ後半になると“さらば宇宙戦艦ヤマト"風味になり、ラストは“完結編"のテイストが少し

古代役のキムタクは誰を演じてもキムタクになってしまうのは最初から判りきっていたので特に気にならなかったのですが…
キムタクさん波動砲撃ちたがりすぎ!
最初に波動砲ありきの戦略は余りに単純w

メインブリッジのメンバーは森雪を除き概ね原作通りだったように思うんですが
一点、衝撃の変更がΣ(゚□゚(゚□゚*)
それは・・・
相原が女の子になってる!!!
まぁ、可愛いかったので許しますがw
むしろ女の子で良かった(^-^;

個人的には徳川彦左衛門の西田敏行、真田志郎の柳葉俊郎、藤堂平九郎の橋爪功が良い感じにはまってるように感じました。
沖田十三役の山崎努も良い感じでしたがちょっと華奢だったかな?特におなか周りw

ガミラス軍の設定が大幅に変わってエイリアンのような扱い
しかもバジュラみたいな感じに
デスラーも登場するんですが、まるでミクロマン

ビックリドッキリメカと化しているコスモゼロとアナライザー
そしてお約束の第三艦橋ヾ(;´Д`A

キャラクターの掘り下げや戦闘シーンの盛り上がりがやや不十分な印象
特にワープシーンはあっさりしすぎ。
せめて上映時間が後1時間長ければ何とかなったかもw

キムタクは男前だし黒木メイサは目茶苦茶可愛らしいしで
名作にはならないけど駄作ではない
原作の大ファンでないのであれば、見ておいて損はない作品と思いました。



それにしても相原が女の子って・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »